雲ノ平(予定)その1

8月15~17日。2泊3日で雲ノ平の予定で行って来ました。
予定と書いているので実際は違うのですが、山歩きを満喫して来ました。
f0251840_1641515.jpg





<一日目>新穂高温泉→小池新道→鏡平山荘→双六小屋
<二日目>双六小屋→鷲羽岳→ワリモ分岐→祖父岳→雲ノ平
<三日目>雲ノ平→三俣山荘→双六小屋→鏡平山荘→小池新道→新穂高温泉の予定。

12~14日まで野辺山で過ごし、一度東京に戻り、夜出発です。
もともとは11~13日まで唐松→五竜→鹿島槍→扇沢(奥さんに迎えに来てもらう)→野辺山の予定でしたが諸事情で11日出発が出来なくなり予約したムーンライト信州をキャンセルしたのです。
本来なら鹿島槍に再度行くのが普通ですがなんとなく気分が乗らず、どっかないかな~とぼんやり地図を見ていたら雲ノ平が目に入ってしまい。入ってしまったんだからしょうがない!と言う感じで決定した訳です。
折立から入るのが最短ですが今回は新穂高温泉にします。理由は一人で運転するのに折立はちょっと遠い。
それに双六小屋のテント場に泊まってみたかったので新穂高から入る事にしました。
14日午後には自宅に戻り仮眠と準備を整え0時に杉並を出発。
もともと2泊装備で準備は出来ていたので問題は無いのですが、地形図が無い。。。
急な予定変更で買いに行く事が出来ず仕方ないのでウォッちずをスクリーンショットしました。
山と高原地図はダウンロードしていたので問題ないですが、地形図好きなのでこの方法は以外に使えるなと思いました。
ただiphoneがダメになった事を考えると良い方法とは言えないですね。

松本から上高地の入り口までは同じルートなので車が多い。
夜中なのにこれがお盆というもんですね!自分もその一人ですし。
あまりに多いから気分が焦りますが、上高地との分岐を過ぎると僕だけになってしまいました。
4時半。新穂高温泉着。
仮眠しますがワクワクしすぎて無理でした。準備を整え5時半出発です。
f0251840_1732098.jpg

今回もXPAC。水を入れてトータル8.5kg。2泊ですのでまずますでしょう!
この日の目的地双六小屋まではコースタイムで8時間弱。なかなか大変なのでゆっくり歩く事にします。
しばらくは歩きやすい林道です。
f0251840_17374452.jpg

笠ヶ岳でしょうか?迫力があります。
f0251840_17392583.jpg

林道を1時間程歩くとわさび平小屋です。
トイレを借りましたがきれいでした。
f0251840_1741523.jpg

トマトも美味しそうですが歩き始めたばかりなので休まず進みます。
f0251840_1744124.jpg

わさび平小屋から10分位で登山道入り口です。
f0251840_17472035.jpg

渓流釣りをしている人もちらほら。
川の中に1本枯れ木が立っているのが不思議でした。ド根性枯れ木と勝手に命名してみました。
f0251840_17495228.jpg

歩きやすい岩場を上がって行きます。浮石にだけ注意すればとても歩きやいすです。
f0251840_17523229.jpg

大ノマ岳方面。
f0251840_1754463.jpg

日が昇ると風も無く暑い。暑い。暑い。。。
沢に出ます。顔を洗いますが冷たくて痛い。
汗でTシャツの色が変わりちょっと恥ずかしいです。おばちゃんに「お兄さん凄いね~」と言われたり。
f0251840_17584822.jpg

西穂~奥穂でしょうか?たぶんジャンダルム?
f0251840_1834993.jpg

シシウドヶ原に着くころには暑さでバテてます。相変わらずTシャツは恥ずかしい色です。
f0251840_1862473.jpg

鏡平に着くと槍ヶ岳が目の前に。
f0251840_188155.jpg

大キレットも。
f0251840_1883975.jpg

分かりずらいですが逆さ槍。
有名ですが、見てみるとこんなもんか~です。ちょっと霞んでるせいでしょうか?
いや、隣のおばちゃん山ガール達はキャピキャピしながら写真を撮りまくってました。
こういう時一人じゃないと楽しいんだよな~なんて思ってしまいます。
f0251840_18154611.jpg

10:00鏡平山荘に到着。
f0251840_9404580.jpg

かき氷が有名らしいですが僕は苦手なので牛乳を買いました。
風呂上りの牛乳の爽快感を味わえました。
f0251840_9415054.jpg

小屋前のベンチは満席なので岩に腰掛けて休みますが日差しが強い。
クロノドームを日傘として使い、日焼け止めを塗りたくる。自分でも気持ちが悪い行為です、、
きっと周りの人から見たら相当気持ち悪いでしょう(笑)
鏡平からは最後の登り。気合を入れて進みます。
振り返ると鏡平が見渡せます。
f0251840_9545492.jpg

弓折り中段を過ぎると巻道に変わります。しかし暑い。
f0251840_9583034.jpg

西鎌尾根に続く稜線がよく見えます。
f0251840_1004157.jpg

一時間で弓折り乗越に到着。
f0251840_1013430.jpg

ここからは穏やかな稜線歩きに変わります。風もあり気持ち良い。
f0251840_1034229.jpg

双六岳
f0251840_1042498.jpg

小さなアップダウンを繰り返し双六小屋が見えて来ました。
う~ん雰囲気最高ですね。目の前には鷲羽ど~んです。
f0251840_1065668.jpg

12:00双六小屋着。
なかなか大きい小屋です。小屋の前にはベンチがあり鷲羽岳が良く見えます。
テントの受付をしてテント場へ向かいます。小屋の後ろがテント場で近くて便利です。
f0251840_1013030.jpg

f0251840_10131539.jpg

まだ12時ですが6割程度は埋まっています。砂と土の場所に分かれていて砂の上が気持ち良さそうですが川床っぽい感じがしたので硬めの土の上に張る事にしました。
f0251840_10132711.jpg

今回はインテグラルデザインのエレメント2を選びました。
大きいので張れるか不安がありましたが問題有りませんでした。ペグもほぼ刺さったかな。
f0251840_1019424.jpg

小屋でカレーと生ビールを頼んで一息つきます。
カメラをテントに忘れてしまい写真なしです。
テントに戻り昼寝をしますが、周りが騒がしい、、高校か大学のワンゲルが数組。
隣の関西弁の若者が大声でボケたりツッこんだり話してます。最初は面白いのでなんとなく聞いてましが、
止まることなくず~~~と話してます。僕も心の中で「お前は女子か!?」とツッこんでみました。
1時間位昼寝をし外に出ると空が怪しい。どんよりとした雲が。
まだ4時ですが早めの夕飯にします。今日のディナーは無印のウニパスタ!
それにベーコンの塊を焼いて乗せてみました。味はそこそこですが次はないかな。
今回はカルデラコーンですが、ペンネをゆでるのに度々アルコールが無くなり継ぎ足すので面倒でした。
f0251840_1033877.jpg

f0251840_10332129.jpg

夕飯食べて時間も有るので小屋の周りを散策します。テンバ場もだいぶ混んできてます。
時期もあるのでしょうが皆さん2~3人、夫婦や友達でとても楽しそう。ソロの人が少ない気がします。
静かな場所に一人で泊まるのは問題ないですが、これだけにぎやかだと寂しくなってきます。
f0251840_1101418.jpg

f0251840_111927.jpg

テントに戻り明日の予定を考えますが、明日は雲ノ平。3日目は新穂高へ下ります。
明日は問題ないのですが3日目はけっこう長い。問題は18日の夜に結婚式の2次会の予定が。
夕方降りてそのまま丸の内に直行を考えてましたがお盆の帰省渋滞を考えると間に合わないかも。
2次会には絶対出たい。う~ん。。。三俣山荘にテントを張って雲ノ平に行くか。水晶まで行って双六に連泊すると翌日の午前中には下りれる。もしくは鷲羽岳まで行ってそのまま下りるか。。。
う~ん。。。取りあえず雲ノ平泊は中止して、テントはそのままにして出発しその日の気分で決める事にします。自分でも何て優柔不断なんだ!と自分に苛立ちますが雷の音がし始めた恐怖とホームシックが重なりだいぶ弱気になっており、適格な判断が出来ないので7時過ぎですが取りあえず寝る事にしました。
f0251840_1125294.jpg

その②へ続く
by mountainneberland | 2013-08-20 06:10 | ハイキング | Comments(4)
Commented by budounosizuku at 2013-08-20 15:33
初めまして。。。
ついついずっと読んじゃいました(^-^)
雲の(平、私の行きたいところです。
でも(予定)なんですね~
続き待ってます
Commented by mountainneberland at 2013-08-21 09:09
budounosizukuさん
コメントありがとうございます。
「雲の平」名前も素敵ですよね。
今年は天気の良い日が少なく登山客がお盆に集中したみたいです。
時間の関係もありますが、双六小屋で出会った方からテントが張れなかった話しを聞いたので止めてしまいました。
近くまでは行きましたので、その2で書きますよ~!
Commented by まさ at 2013-08-21 22:53 x
うーーーん!やっぱり行きたかった!
新穂高から見える山々を見ていると自分が歩いているようでもあり、こんな景色を見られたのか・・・と残念でもあり・・・(^^;
双六から雲の平は良いですけど、雲の平から新穂高はかなりキツいですね~。
テントデポして正解な気がします。

やっぱり9末のソロは裏銀座にしようかなあ・・・。
続き、楽しみにしてます!
Commented by mountainneberland at 2013-08-22 09:09
まささん
9末なら気温も歩き易いから最高だと思います。
ピストンなのがどうかなと思ったのですが景色は最高だし一度通った道は分かり易くて疲労も半減で正解でした。
結果を先に言ってしまうと雲ノ平~新穂高は歩ける気がします。
体調と天気もあると思いますが、風の強い稜線歩きは少ないし道は整備されているので行ける気がします。針ノ木岳の方が大変でしたよ!
続きで書きますので検討の材料になればと思います!


グッズデザイナーの山日記atelierbluebottle.com


by mountainneberland

プロフィールを見る
画像一覧

オンラインショップ

カテゴリ

全体
ハイキング
道具
商品
その他

未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月

最新の記事

Hiker's T-shir..
at 2017-04-05 10:40
Hiker's T-shir..
at 2017-04-05 10:36
麦草ヒュッテ その①
at 2017-02-17 20:46
塔ノ岳
at 2016-12-26 16:22
火打山
at 2016-12-13 23:25

外部リンク

記事ランキング

お気に入りブログ

最新のコメント

サイズL(日本 XL)の..
by yo at 17:52
オフグリでお邪魔させて頂..
by mt_kawamin at 07:04
mt_kawaminさま..
by mountainneberland at 21:51
記事を読ませて頂いて ..
by mt_kawamin at 05:35
Masatoさま オ..
by mountainneberland at 09:08
サンサンさま Hike..
by mountainneberland at 09:06
高橋さま ご愛用ありが..
by mountainneberland at 09:04
気に入りました♪ オン..
by Masato☆ at 19:25
インスタ見ました。初関西..
by サンサン at 18:15
コンセプトに共感! メリ..
by サンサン at 18:00

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

登山
カメラ

画像一覧