雲の平(予定)その2

寝袋に入りうとうとしていると外が光るのが分かりました。ド~ン!
そう。雷です。
風も出てきて嫌な感じです。心の中でこっちに来るな!念じます。
近くなる訳でも遠くなる訳でもなく暫らく光続けてました。
気が付くと12時。雷も風も止んでます。いつの間にか寝てしまった様です、案外ず太い神経の様です。
外を覗いてみると満点の星空。天の川も肉眼で確認できました。
マットを外に半分出し星空を眺める。フロアレスの良いとこの1つだと思います。
30分位眺め眠くなったので寝る事に。
f0251840_17383232.jpg





3時に起床。寒くも暑くもなく丁度良い気温。2600Mなのに12度でした。
雨は降っていないのに顔にポツ。結構な結露です。
僕のナンガは撥水加工されてますが良い気はしませんね。
朝食はクノールのキノコクリームパスタ。僕は良く二日酔いの朝に食べるんですけど、
カップに戻して食べるタイプが売っていたので買ってみました。かさ張らないからおススメです。
f0251840_17502095.png

食事を軽く済ませて出発の準備。
雲ノ平に行く事は諦めたのでテントはそのままにすることに。
エレメント2はストック2本で立てるタイプなので悩みましたが1本だけ持って行くことにします。
4時半ヘッドライトを付けて出発です。
先月より夜明けが遅くなったな~話す相手が居ないので独り言です。
今日の予定は2通り考えました。
①双六小屋→巻道で三俣山荘→鷲羽岳→水晶岳→黒部源流→三俣山荘→三俣蓮華岳
→双六岳→双六小屋泊(コースタイム12時間)
②双六小屋→巻道で三俣山荘→鷲羽岳→三俣山荘→三俣蓮華岳→双六岳→双六小屋撤収→新穂高温泉
(コースタイム17時間)
②は普通あり得ない時間ですが、前日のペースと体調。ピストンですのでコースは頭に入っている。
そんな理由から無理ではないと判断しました。体調は万全ですが鷲羽岳までの内容で決める事にします。

登り始めはやっぱり辛い、分岐までは10分位は急な登りです。
振り返ると槍の頭が見えてます。今日も良い天気になりそうです。
f0251840_18204265.jpg

暗くて撮れませんでしたが双六岳と巻道の分岐にクマ注意!の看板が!
巻道は先まで見渡せますがヘッドライトの灯りは確認出来ません。
クマ鈴を忘れたので口笛吹きながら歩く事にします。

太陽が出る前の徐々に明るくなる時間が一番好きかもしれません。
f0251840_9325132.jpg

穂高方面
f0251840_9333399.jpg

f0251840_9343557.jpg

鷲羽岳
f0251840_9363623.jpg

双六巻道はカールの花畑を歩くので気持ちがいいです。
f0251840_940549.jpg

一時間位で三俣蓮華との分岐です。今日も日差しが強そうなので、日が昇らないうちに鷲羽に上がりたいです。ここまで来るとだいぶ人が多いです。
f0251840_9441375.jpg

f0251840_9453836.jpg

三俣山荘は朝の光と煙突の煙が雰囲気を出してました。
ここのテント場には水場があり小川が流れてとっても良さそうです。場所もポツポツ離れてますし。
初日にここまで来てしまえば良かったかもと思ったくらいです。
f0251840_16522281.jpg

ここで一つミスをしてしまい、小川に沿って下りて行ったら小屋に着かない。。鷲羽の稜線から下っている感じがしので引き返すとやはり間違えて黒部源流の方へ下りてしまった様です。はいまつが茂っていて道を見落としたみたいです。すぐに気づいたのでロスはほぼ無しです。ただ僕につられて後ろの方も来てしまい申し訳ない気持ちになりました。
小屋からは鷲羽が目の前に!う~ん結構大変そうですね。
f0251840_104439.jpg

始めはなだらか。黒部五郎でしょうか?
f0251840_1061531.jpg

徐々にキツイ登りになりますが見た目ほどではありません。
キケンな箇所も無いですし、大変なのは直下位でしょうか。
f0251840_1081133.jpg

振り返ると三俣山荘。
f0251840_1085444.jpg

大変そうですが近くまで行くと足場はしっかりしていて問題有りません。
f0251840_10103463.jpg

ビクトリーロードです。頭の中ではクイーンが流れてます。
一人ですので意識的に盛り上げてます。
f0251840_10124531.jpg

出発から約3時間、百名山の鷲羽岳頂上です。
f0251840_10142636.jpg

一枚前の写真に写り込んでいる、高校のワンゲル部が騒がしい。男女混合なのですが頂上で走りまわりキャピキャピしています。そこまで広くないので危険だし迷惑だし、不思議ちゃんぶった子がケルンを作っています、不安定なケルン。。。落石したら危険でしょ!!こらーーーって言ってやりました!心の中で。
頂上からは360度の眺めです。白馬まで見えました。
f0251840_1021594.jpg
f0251840_1022445.jpg
f0251840_10224812.jpg

鷲羽池。下りれるみたいですが今回は遠慮しました。
f0251840_10262619.jpg

ここで今回初の自分撮り。おかげでヘッデン付けたままなのに気づく事が出来ました。
f0251840_1027294.jpg

こちらは水晶バックに撮ってもらいました。背後の万歳女性がいい感じです。
今回の行動着はibex OD Heather Tパタゴニア、ラブ、スマートウールなどは薄くて下着ぽいのですがibexは厚くしっかりしているのに暑くない。Sサイズ着てます。
ウールなので若干チクチクした感じはありますが気にならない程度です。
f0251840_10294667.jpg

水晶岳を眺めながら今後の予定を考えます。自分の中ではもう十分満足なので水晶は登らず引き返す事にします。このまま戻れば昼には双六小屋に戻れそう、もう1泊してのんびりする事も考えましたが騒がしいテント場にもう1泊する気にはなれず下りる事に決定しました。縦走なら進むのみですが今回の様な工程ですと色々な方法があり悩ましい。友人と相談も出来ないし、、良い教訓になりました。
f0251840_14433254.jpg

いっきに下りて三俣蓮華との分岐まで来ました。三俣蓮華と双六には登るつもりでいましたが稜線にはたくさんのハイカーの姿が見えます。巻道は人影は無い。しばらく考えましたが巻道を選びました。
f0251840_14474856.jpg

行きも通った道ですが薄暗い時に通ったせいでしょうか?違う道に見えます。
f0251840_14502782.jpg

f0251840_1563972.jpg
f0251840_145224.jpg

1時間で双六小屋です。
f0251840_14535793.jpg

ネクターとラーメンを注文。
ここのラーメンは生麺だしチャーシュー乗ってるし最高です!!
f0251840_14552012.jpg

テントを撤収しに行くと、ストックないので半分潰れてマットがはみ出て悲しい感じに。
f0251840_1457274.jpg

撤収の準備が整ったとき鷲羽で写真を撮ってもらった2人組の方に声を掛けられます。
鷲羽から下りて行く間も色々話しながら下りたのですが浅間山方面でガイドをされているそうです。
無農薬野菜の事や登山ブームの今後の話など色々話せて楽しい時間を過ごせました。
(ジャガイモご馳走様でした!是非冬の浅間山をご一緒させてくださいね!)

12時。気合を入れて双六小屋を出発です。
午後ですが槍がはっきり見えています。
f0251840_15374054.jpg

大キレットも。
f0251840_15385993.jpg

笠ヶ岳も。
f0251840_154096.jpg

順調に鏡平小屋に到着。
f0251840_15413811.jpg

今日も牛乳を購入。
f0251840_15421454.jpg

andwanderのショーツを履いたオシャレハイカーがいました。
ザックもandwanderでした。ショーツはカッコ良かったです。
f0251840_15452958.jpg

前日逆さ槍を撮った場所で、「苦節20年、逆さ槍と夕焼けを撮る為に来た!」と言う方が居ました。
山には色々な目的を持った方が居るんですね。。。
f0251840_1550554.jpg

ダラダラと、だけど慎重に。ようやく林道に到着。
4時ですがこれから登るグループが居ました。ガイド付きですが理解できません。
f0251840_15541356.jpg

5時前にようやく車に到着。
12時間以上歩いたのは久しぶりですが、自分のペースで歩けたのと最近はランニングをしているので、
まだまだ歩ける気がしました。
新穂高のひがくの湯で温泉に入りましたが露天風呂しかなく洗い場も外!かなり僕好みの風呂でした。
歯ブラシ髭剃り。それに眼鏡のシャンプーまであって最高です。
風呂上りの飛騨牛乳も最高!飛騨牛カレーはまぁまぁでした。
途中軽い渋滞に巻き込まれながら0時の帰宅。
予定変更もありましたが夏山を満喫する事が出来ました。
by mountainneberland | 2013-08-22 22:46 | ハイキング | Comments(2)
Commented by まさ at 2013-08-25 19:49 x
お疲れサマでした!
双六でも雷あったんですね~。やっぱり山の雷は怖いですね。オーレン小屋で本当にゾッとしました。

裏銀座、人も多かったようですがとにかく天気が良かったんですね~。やーこれは多少の混雑は覚悟して行けばよかっただろうか・・うーむ。でも何とか秋口くらいにはリベンジしたいです。
あの辺りまで来ると、北アルプスの核心部の入り口って感じがして良いですね。
Commented by mountainneberland at 2013-08-26 13:27
まささん
雷だけは何度あっても慣れませんね、、怖すぎです。
オーレン小屋の写真見ましたが凄い!水没も恐怖ですね(笑

鷲羽岳から見える景色、核心部と言う言葉がピッタリでした。
混雑の問題は確かに悩ましいですが是非リベンジして下さい!


グッズデザイナーの山日記atelierbluebottle.com


by mountainneberland

プロフィールを見る
画像一覧

オンラインショップ

カテゴリ

全体
ハイキング
道具
商品
その他

未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月

最新の記事

栗沢山&仙丈ケ岳その②
at 2017-09-10 16:30
栗沢山&仙丈ケ岳
at 2017-09-01 23:30
Hiker's T-shir..
at 2017-04-05 10:40
Hiker's T-shir..
at 2017-04-05 10:36
麦草ヒュッテ その①
at 2017-02-17 20:46

外部リンク

記事ランキング

お気に入りブログ

最新のコメント

ネット販売はしてないので..
by monte at 07:55
サイズL(日本 XL)の..
by yo at 17:52
オフグリでお邪魔させて頂..
by mt_kawamin at 07:04
mt_kawaminさま..
by mountainneberland at 21:51
記事を読ませて頂いて ..
by mt_kawamin at 05:35
Masatoさま オ..
by mountainneberland at 09:08
サンサンさま Hike..
by mountainneberland at 09:06
高橋さま ご愛用ありが..
by mountainneberland at 09:04
気に入りました♪ オン..
by Masato☆ at 19:25
インスタ見ました。初関西..
by サンサン at 18:15

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

登山
カメラ

画像一覧