後立山連峰 その1

後立山連峰
唐松岳~爺ヶ岳を2泊3日で歩いて来ました。
歩くと言うより登ると言う言葉が合ってるかな。
f0251840_2139732.jpg




今回、練馬のアウトドアショップsokitの長島さん、ユウさんタカさんの4人での山歩き。
ルートは僕のリクエストに皆さん合わせてくれました。
このルート、毎年計画を立てながら3、4年経ってしまったルートです。
2年前など当日行けなくなりムーンライト信州のキャンセル料まで支払ったりと、
僕にとっては違う意味でも難ルート。
今回その難ルートについに決着をつける時がきたのです。
午前2時半。自宅までsokit号で迎えに来てもらい出発!

体力温存の為にドライバー以外は仮眠する予定でしたが無理に決まってます。
興奮と下らない会話で寝れる訳が有が御座いません。
そんな男達を乗せたベンベーsokit号は八方めざし中央道をひた走ります!
*長島さん運転ありがとうございました!

ルート
一日目:白馬八方駐車場→八方池山荘→唐松岳→→五竜山荘
二日目:五竜山荘→五竜岳→八峰キレット→鹿島槍ヶ岳→冷池山荘
三日目:冷池山荘→爺ヶ岳→種池山荘→扇沢


6:00八方温泉駐車場に到着。
6:30始発のゴンドラに合わせ準備を済ませ出発。
ナント!今回全員pac-03。サクラでは御座いません!
タカさんなんて今じゃ普通に友達ですが元々はイベントに来てくれたお客様ですからね!
ユウさんだって同じような感じだし!

4人も居ると写真に事欠きません!
ブログを書くにはと~っても助かります。
僕は今回fujiGS645 中判フィルムカメラを使用しているのですが、
フィルム1本で15枚しか取れない。
それに現像&データ化含め1ショット¥180!!!
貧乏性でどうしても躊躇してしまうのです、、
ちなみに35ミリだと1ショット¥40くらい。
しかし、だがしかし!フィルムカメラにはお金には換算出来ない楽しさがあるのです!!
恥ずかしながら僕の撮った写真を奥さんが編集しZINEにしてくれています。
今後イベントなどで販売したり、ノベルティーに出来たら良いなと考えております!


駐車場からゴンドラ乗り場までが意外に遠い。
車で抜かれたり、後ろを振り返ると沢山の登山者の姿。
冷静を装いますが、こういう時気持ちが焦ってしまうんです(笑
もっと大きな人間になりたいものです。
f0251840_1355377.jpg

フォト:タカ

ゴンドラの重量計で量ると9.8kg!う~ん重い、、
水が2ℓとは言え今回は重い。食糧詰め過ぎだし水以外にワインも入れたからしょうがない。
下山翌日にULハイカーの装備と言う内容でGOOUTの取材が入っていたのですがこれではULなんて言えないですね(汗

この日のレイヤリングは~
Tシャツ:スーパーナチュラル
スーパーナチュラルはウール×ポリエステルの両者の良いとこ取りした素材を使用。
保温性も有りながら乾きもまずまず。三日間着ても臭いは無し。
これを着てしまうとibexには戻れない。

パンツ:フーディニ 
フーディニのパンツは色がお気に入り。こんな色を出すなんてさすが北欧ブランド。
細身でストレッチが効いて動きやすいし涼しいのに風は防いでくれて快適。
今回の様に常に足を上げて岩を登る様なルートに最適です。


脇役のハイカーズソックスは蒸れずに快適でした。
これだけの岩場で履いた事は無かったのですがクッション性や踏ん張りは十分でした。
インジンジを履いていた時は蒸れと踏ん張りは問題無かったのですが薄くてクッション性が
物足りなかったので改めて開発して良かったと実感できました。
がさすがに3日目は臭いますね笑

トレイルランナーでもあるユウさんにも愛用して頂いているので以下ユウさんからの感想です↓

率直に申し上げて全く嫌なところなしです。冷池山荘で履き替えましたが変えなくても良いかなと思った位です。アーチをサポートしている部分にもう少し強度があっても良いのかなと思います。これは好みかもしれませんし、二泊三日で歩いたからかも。
鷹ノ巣でdrymaxの靴下を久しぶり履いたんですがクッション性とフィット感が全く違うように感じました。
アルトラのオリンパスで行ったのですが、下りでの爪先の当たりを感じました。
戸隠のレースでのオリンパス+ハイカーズソックスの組み合わせでは感じなかったです。
レースでは水たまりや川に足を突っ込みましたが、不快感はすぐに無くなり良かったです。
寒かったのですが濡れた後の保温性も優れてますね。

自分で作った物を自画自賛してもしょうがないのですが、
間違いなくお勧め出来る商品だと思います。
おかげさまで追加生産も出来そうです。

八方山荘までゴンドラ1回リフト2回乗り継ぎます。
思わず「リフトか~」とぼやいてしまいます。ゴンドラはまだしもリフトが苦手なんです。
簡単に言えば高い所が苦手。
幸いここのリフトは地面すれすれを上がって行くので余裕です。
f0251840_1247281.jpg

フォト:タカ
f0251840_12512924.jpg

フォト:sokit

まるで花畑の様な夏のゲレンデをリフトは爽快に高度を上げて行きます。
このまま頂上まで行ってくれると嬉しいのですが。
一気に標高1,800M!
日差しも強いので皆で日焼け止めをヌリヌリ。
「それSPFいくつ?」
「50以外はダメだよ!」
女子か!?って会話で盛り上がります。
タカ&ユウさんは日焼けを気にしてもしょうがないくらい黒いのに(笑

八方尾根。
右手には白馬、左手には五竜と言うゴールデンルートです。
晴れていますがガスも多く、白馬方面が隠れると五竜が顔を出したり、じらしてきます。
f0251840_21244984.jpg

f0251840_21251756.jpg

f0251840_21254619.jpg



タカ&ユウさんは八方池まで下りて僕と長島さんは上から眺めます。
f0251840_2126302.jpg

f0251840_1420850.jpg

フォト:タカ

ケルンで休憩している若い女性二人が中古車の話で盛り上がっていました。
最高の景色に見向きもせず中古車の話に夢中とは、、
いったいその中古車は何なのか?メーカーは?車種は?燃費は?気になってしまいます。
f0251840_21271947.jpg



二人と合流しさらに上を目指します。
f0251840_21274180.jpg
途中ブルーべりの様な実を見つけてしまい好奇心を抑えられず一口食べてみるとブルーベリーに似たほのかな甘み。後々調べてみたらクロウスゴでした。
他の人は怖がって食べてくれませんがタカさんは試してくれました(笑
他にもいくつか美味しそうな実を見つけて試してみましたがどれもイマイチだったかな。

電波も通じるので奥さんに写メしたり。
小さい子供を連れた家族連れも多く、今度は娘を連れて皆で行けるといいな~なんて思いながら登ります。
f0251840_10235095.jpg

フォト:ユウ

ここを過ぎれば山荘はすぐそこ。
f0251840_1335259.jpg

フォト:sokit

10:30唐松山荘到着。
長島さんは残り三人で山頂へ。
長島さんは百名山ハンターしかも後半戦に入ってます!
「百名山には拘らないんで待ってます」とスカした僕の発言にサラッと「行くべきです!」と説得してくれたのです!
結果行って正解。不帰~白馬の絶景でした!
疲れた体にピストンピークハントって微妙ですよね?ピークに拘りはないし出来る限りサラっと巻きたい。
100だか200だか所詮おっさんが付けたランキングでしょ?
そんなの重要じゃないよ!と啖呵を切っても
苦労して登った場所が200名山だと、え?200なの?みたいにがっかりしたり。
ちゃっかり100名山を意識していて(笑)
やはり100名山には人を魅了するモノがありますね!
*唐松岳は300名山
f0251840_21282479.jpg



記念に一枚。
f0251840_10221834.jpg

フォト:ユウ

ユウさんのインスタで爽やか過ぎるとクレームきましたが、夏は汗で眼鏡がずれるのでコンタクトに代えてます。
どうでも良い情報ですが。
f0251840_2129775.jpg


山荘に戻り昼食。
タカさんと僕は牛丼にしましたが美味しかったですよ。
f0251840_10261528.jpg

フォト:タカ

お腹も満たされ再スタート
ヘルメット付けるのにもキャピキャピしてしまいます笑
僕のはぺツルのシロッコ165グラムととにかく軽い。
オレンジが何とも微妙で黒く塗装しようかと思いましたが重要なのは安全性ですね。
これなら肩もこらないし帽子感覚で被っていられますよ!
タカさんはクライミングテクノロジー。タカさんはヘルメットしてもイケメンになってしまいます。
ゆうさんはグリベル。終始前頭部のGマークを気にしていました笑
全然変じゃないですよね?
f0251840_10321538.jpg

フォト:sokit

唐松山荘からすぐ先に待ち構えるのが
~牛首~
この日の最難関。
毎年の様にここで滑落事故が起きていたはず。
食後にしてはハードです。
雨の日には通りたくないルート。

すれ違いが緊張しますね。
「こっちは4人だからここで待ってます」とかお互い声を掛けながら進みます。

f0251840_2130549.jpg

f0251840_21303345.jpg

f0251840_13225145.jpg


フォト:タカ

その先五竜山荘までがどんなルートだったか記憶が無い。
危険な箇所も無く、いくつかピークを越えて疲れたのは覚えてますが。
f0251840_21312140.jpg



五竜山荘到着。
f0251840_1423547.jpg

フォト:タカ
上から見るとテン場が小さい。
まだ14:30なのに満張です。
空いている箇所はどれも激しく斜め、小屋の方に相談すると小屋入口前に張る様にとの事。
この後も次々と小屋前のルート上にテントが増え続けました。

テント設営後はビールで乾杯。
僕のタープテントは設営が異常なほど簡単で誰よりも早く設営完了してしまうのでその後の手持無沙汰が凄くビールを飲みたい衝動で周りを急かしてしまいまいます、、
この時ばかりは自分がアル中じゃないかと思うほどそわそわしてしまうのです(笑
お酒は弱いんですけどね。
テントに関してはmomentに不満がないので、他のメーカーの事は良く知りません。
ユウさんとタカさんはニーモで長島さんはエアライズ。
f0251840_21321652.jpg



ビールの後はワイン。
担ぎ上げたはオーバーですが、苦労して持って来たワインの味は格別ですね。
〇〇種で何年モノで~なんてうんちく抜きに山で飲めばどれも最高!
なんて言いながら一応吟味して選んでます。もちろん違いは分かりませんが(笑
下界の居酒屋と変わらない会話で盛り上がり、お昼寝タイム。

昼寝から覚めると各自夕飯を済ませた様で僕もディナータイム。
今回はお湯を注ぐだけのペペロンチーノにしたのですが唐辛子が食欲をそそり美味しかったです。

夕食後はする事が無いので19:00過ぎに就寝。
キャンプ場と勘違いしたファミリーが8時近くまで騒いでうるさく、
タカさんなんて子供の名前を覚えちゃったくらい(笑
一段下のテントからは奇声が聞こえて恐いし、、
ま、僕は前日からの寝不足もあり爆睡でしたけど。


その②へ続く。
by mountainneberland | 2015-08-26 21:31 | ハイキング | Comments(4)
Commented by 宮口 和久 at 2015-10-30 23:47 x
はじめまして。
3シーズンの幕はメインでゲイトウッドケープを愛用してます。実は、冬季(低山)&3シーズン(3,000m急、残雪期&晩秋含む)の用途でMoment にとてもソソられているのです。そこで、Momentについておしえて頂きたいのですが、
・ソコソコの強風(稜線上)・雪の荷重は問題ありませんか?
・通常の山岳用テントと比べると幕営面積が少々大きいと思いますが、テン場で困ることはございますか?
・自力用のポールはあった方がよいですか?
ご面倒でなければ、ご意見伺いたく、よろしくお願い申し上げます??
Commented by mountainneberland at 2015-10-31 13:55
> 宮口 さん
こんにちは。
僕もそうでしたが事前情報が少ないですよね。
感想で良ければ参考にして下さい!、

①強風:今まで気になった事はないです。
ペグダウンが基本2か所なのですが稜線上の強風でも大丈夫でした。
②雪:雪が上に乗る様な構造では無いので問題無いと思います。フロアレスで使っていると下部から中に入ってくるのが厄介ですが。
③幕営面積:他のテント(ドーム型)に比べると張る場所は選ばないです。
ペグダウンが少ないので張り綱を伸ばす必要も無く、結果使用面積も少ない気がします。
momentで張れなければ他の自立式テントも張れないと思います。
④自立ポール:これは絶対あった方が良いと僕は思います。ペグが刺せない場所や雪の上に張る場合に便利なので。

最後に:momentは風が吹き込み易いので宮口さんが寒がりならばオプションのメッシュが少ないタイプ?にした方が良いと思います。僕が購入した時はそのオプションが無かったので。

ゲイトウッドケープとは全然違いますがmomentはとても良いテントだと思うのでおススメです!他に気になる事があれば気軽に聞いてください!
Commented by yamada at 2016-02-26 18:02 x
はじめまして。
楽しみにブログ拝見させていただいております。
以前よりmomentに興味があり、solidバージョン購入を考えております。
実物を一度も見たことがなく、情報も少ないので困っています。
当方もmomentについてお教えいただきたいのですが、よろしいでしょうか?
・フライ、底面、メッシュの素材(素材の種類、厚さなど)がお分かりでしたらを教えていただけないでしょうか?
・裁縫部分のシームリング(防水加工)はされてないかと思いますが、どうされていますか?メーカー推薦のシーム剤、おすすめのシーム剤などありますでしょうか?
・生地の厚さにもよると思いますが、フットプリントは必要でしょうか?(その場合タイベック等による自作?)
その他、おすすめ点、注意点などありましたら、ご教授・アドバイスいただけると幸いです。
よろしくお願い致します。
Commented by mountainneberland at 2016-03-01 10:38
yamadaさん。はじめまして!
フライは30デニール位、底もほぼ同じ厚みだと思います。
メッシュも至って普通のメッシュです(ソフトなタイプ)
シーム処理はされてないので自分でしました。確か市販のsilnetだったはずです。一応雨漏りは今までしてません。
フットプリントはオプションでタイベックのを購入しましたが底のサイズでカットしてあるだけなので自作でも良いかと笑
唯一気になるのは風の吹きこみですがsolidを検討されているとの事ですので問題無いかと思います(solid羨ましいです)
メッシュ無しで使う場合、雨だと跳ね返りが結構あるので要注意です。慣れると本当に一瞬で立てられるので疲れた体に有りがたいテントですよ!あ、色がグレーなので昼間でも自然光な感じで過ごせるのもお気に入りです。
こんな感じですが、また分からないことが有れば連絡下さい!


グッズデザイナーの山日記atelierbluebottle.com


by mountainneberland

プロフィールを見る
画像一覧

オンラインショップ

カテゴリ

全体
ハイキング
道具
商品
その他

未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月

最新の記事

Hiker's T-shir..
at 2017-04-05 10:40
Hiker's T-shir..
at 2017-04-05 10:36
麦草ヒュッテ その①
at 2017-02-17 20:46
塔ノ岳
at 2016-12-26 16:22
火打山
at 2016-12-13 23:25

外部リンク

記事ランキング

お気に入りブログ

最新のコメント

サイズL(日本 XL)の..
by yo at 17:52
オフグリでお邪魔させて頂..
by mt_kawamin at 07:04
mt_kawaminさま..
by mountainneberland at 21:51
記事を読ませて頂いて ..
by mt_kawamin at 05:35
Masatoさま オ..
by mountainneberland at 09:08
サンサンさま Hike..
by mountainneberland at 09:06
高橋さま ご愛用ありが..
by mountainneberland at 09:04
気に入りました♪ オン..
by Masato☆ at 19:25
インスタ見ました。初関西..
by サンサン at 18:15
コンセプトに共感! メリ..
by サンサン at 18:00

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

登山
カメラ

画像一覧