雁峠

3連休中日の22日、雁峠に一泊の予定で行ってきました。
予定なので実際は違うのですが、、
f0251840_1602395.jpg





計画↓↓↓
①三ノ瀬→七つ石尾根→将監小屋→笠取山→笠取小屋泊→三ノ瀬
②山梨市駅→新地平→雁峠→将監小屋泊→天平尾根→親川
③山梨市駅→新地平→雁峠→笠取小屋泊→雁峠→新地平
初めの計画は①でしたがスタッドレスを履かせて無いのに気づいて電車を利用する②に変更したのですが、
予想外に11日~14日が雪になった為③に変更した訳なのです。
雪の状況次第で②に変更も出来るだろうと思ってましたが実際は全然無理でした(笑

通常西沢渓谷に向かうバスは塩山からが近いのですが、オフシーズンなので念の為電話で確認すると塩山からのバスは今シーズンは終了し代わりに山梨市駅から出ているとの事でそちらに変更しました。
新地平から笠取小屋まではコースタイムで3時間ちょっと。5月に歩いた時は雁峠まで2時間半位で上がってしまったので、スタートを11時にしてのんびり歩く予定にしてみました。
三鷹からあずさに乗って10時過ぎに山梨市駅着。10時20分発の市営マイクロバスで新地平を目指します。
乗客は僕以外に3名程度、皆さん地元の方の様です。
地元向けのバスだけあって集落を回るのでだいぶ遠回りしています、少々イラッとしますが都会病ですね、、
地元優先なので当然です。にしても遅かったです(笑

新地平に着いて11時10分出発です。この時点では雪はうっすらでしたが登山道に向かう道には5cm程度の積雪です。車の轍は有るのに人の足跡は無い。代わりに鹿の足跡が続いています。
今回はソロ。山歩きも2ヶ月ぶりですしのんびり一人で歩いて行きます。
f0251840_16371637.jpg


暫らく歩くと車の轍も無くなり鹿の足跡だけ、なんだかワクワクして来ます。
車止めのゲートを超えると林道スタートです!
f0251840_16403045.jpg

天気は快晴。電車からは南アルプス、富士山が良く見えました。
f0251840_16412178.jpg

亀田林道は道幅も広く歩き易い、雪質はパウダースノーでテンション上がります。
f0251840_16425847.jpg

歩き易いし誰のトレースもない道を歩くのは最高です!頭の中では木村カエラの歌が流れます。
テンションが上がる時って普段聞かない音楽が頭に流れるのは僕だけでしょうか?木村さんの曲も1曲も持ってないのに不思議ですね(笑
30分ほど歩くと足首位の深さに変わりました。
f0251840_1744196.jpg

気温は12時で2℃、日陰で0℃、手袋なくても寒くありません。
この日のレイヤーは↓
■トップス
montbell/スーパーメリノウールM.W
Rab/MeCo 165 Long Sleeve Zip Tee
MONTURA/Nordic Fleece Jacket
■ボトム
montbell/スーパーメリノウールM.W
Rab/Wintertrek Pants

ちなみに僕はかなりの寒がりです。ベースレイヤーの参考としてmontbellはジオラインが有名ですが、
保温性はウールの方が上との事なのでウールM.Wを愛用しています。
同じウールではibexが人気ですが、チクチクするのが苦手でmontbellを着ています。webではチクチクしないと書いてますがチクチクします!なのでチクチクが苦手な方にはmontbellがおススメです!
チクチクばっかになってしまいましたが行動中はフリース脱いで丁度いい感じ。

ザックは今回もX-pac。
冬装備なので結構な荷物になってしまい、リッドを上げてパンパンです。
前回の谷川岳でも書きましたがやっぱり50ℓ近く入ってしまいました!
想定と言いますか、リッドを畳んだベストな状態で36ℓ表記にしたのですが、50ℓ近く入れてリッドをフルに伸ばして使っても問題無い事が分かりました。以前は軽くするため最低限の荷物だけにしていましたが最近は快適に過ごす事が目的の一つに変わりつつあるのでで荷物が増えているのです。
f0251840_1812454.jpg


歩き始めて1時間、日向の開けた場所に出たのでお昼にします。
お腹もそんなに減って無いので、コンビニおにぎり2個程度で済ませました。
f0251840_181689.jpg


ここで自分の位置を改めて確認すると未だ3分の1も来ていません、結構歩いたはずなんですが雪のせいで予想以上に進むのが遅くなっている様です。
傾斜は緩く歩き易いのですが、雪質が2層になっており上の層はサラサラパウダーですが下の層が湿っていて靴に着いて歩きずらい、チェーンスパイクは着けてませんが問題無く歩けます。
f0251840_1116392.jpg

鹿のトレースは出たり消えたり、斜面に少し上がってまた戻ったり。鹿の歩幅ですが以外に歩き易かったです。鹿に助けられてる不思議な気分。
f0251840_10452199.jpg

途中「ナルニヤ国物語」に出て来そうな場所も。
一人だし違う場所に迷い込んだ感覚に、、、は無ってませんが不思議な気分です。
f0251840_1047129.jpg

14時、歩き始めて3時間、最初はパウダースノーにテンションあがってましたがもはや雪が憎い存在に変わってしまいました、、深さは膝くらい。
f0251840_1123313.jpg

f0251840_11241469.jpg

未だ3分の2しか来てないし登りはこれから、、、このまま笠取小屋まで行ったとしてもヘロヘロな状態、そこから雪を馴らしてテントを張る、、そして夕飯、、気温は-10℃以下、、
う~ん・・・当初の予定ではフカフカ落ち葉をのんびり歩く!だったので全然違う事になってます。
帰りの最終バスは16時半、最終ジャッジを14時半に決めて歩きます。
林道も終わりに近ずくと沢沿いを歩くのですが雪に隠れた岩に足を取られます、
ストックを雪に刺しながら慎重に歩きますがズボッ!ドスゥン!!
岩の間に股までハマります!この出来事で決心しました!!!もう帰る!
ネガティブ9割意地1割で歩いていたので決断は早かったです(笑
実際この先も沢を渡ったりトレースの無い登山道ですからこの決断で良かったと思います。
いや、そう思う事にしました!

帰ると決めたとたんに気分は楽になり、全てを楽しめる様に変わりました(笑
下りは楽だし早いですね~
自分のトレースで歩き易いし、なんて思っていたら僕の靴跡の上にヒヅメが!たどった先には鹿が歩いてました(笑
僕のトレースを鹿が歩く、なんだか温かい気持ちになりますね。
天気もいいし。
f0251840_11223155.jpg

作業小屋が見えれば下界はもうすぐです。
f0251840_1127828.jpg

時間もあるしせっかくなので夕飯に食べる予定だったラーメンを作る事にします。
棒ラーメンにセブンイレブンのから揚げ投入です。
山の定番棒ラーメンですが今まで食べた事が無く前回の谷川岳で友人が食べているのをもらったら美味しかったので持ってきました。
そして今回ガスストーブにしてみました!ガスを使うのは2年振り位です。
ずっとアルコールストーブにハマってましたが最近イライラする事が多くガスに戻してみたんですがガスってすごい!お湯がすぐ沸く!なんて楽なんでしょう!!ちなみにストーブはFire-MapleFMS-117T Blade Titanium Stove 分離型で使い易くて価格も安いです。中国のメーカーで主にイギリスに輸出しているみたいです。amazonやヤフオクで買えますよ!
f0251840_12291830.jpg

お腹も満腹。記念に一枚
f0251840_1257149.jpg

16時過ぎにバス停に戻り一安心。夕日に照らされた甲武信ヶ岳がきれいでした。
地元のおじいさんに話しかけられましが、「こんなに積もった時に行っちゃダメだよ」って注意されました(笑
今回は敗退ですが次はスノーシューで行こうかな。
f0251840_1353215.jpg

by mountainneberland | 2013-12-26 12:24 | ハイキング | Comments(4)
Commented by まさ at 2013-12-26 23:52 x
お疲れ様でした!
この日三連休は自分も奥多摩小屋に行ってきましたが、雪が結構深くてハイクアップには苦労しました。当初は甲武信ヶ岳に行こうかと思っていたのですが、予想以上に雪が多いですね・・・。撤退は大正解だと思います!

それにしても雁峠までのトレイルはやっぱり気持ちよさそう。いつかスノーシューを履いて歩いてみたいですね~。
そしてガスストーブ、これいいですね!ちょっと物欲がふつふつと・・ガスは国内流通のもので問題ないんでしょうか?
Commented by mountainneberland at 2013-12-27 17:44
まささん
ブログ見ました!奥多摩も相当な積雪ですね!
あの積雪でのハイクアップは相当なもんですね、、

今回は敗退ですがリベンジしたいくらいあのトレイルは最高です!
年内であの積雪ですから1月2月は結構な事になりそうですね、そうなるとスノーシュで行きたいです!
fire-mapleおススメです。分離型は安定感がありますね!
SOTOのパワーガスでしたが問題無かったです、ガス漏れも無かったですよ!買う前に調べた時はPRIMUSもEPIも大丈夫だったはずです。あ、点火スイッチは無いです。
Commented by 326 at 2013-12-28 04:10 x
初見です。
ブルーボトルさんのサコッシュに興味があり拝見させてもらいました。

僕は25日に隣の雁坂峠に行ったのですが、腰ラッセルで大変でした。小屋も雪で埋もれて見えないですし、余裕なく楽しめなかったです。 笑


一つ聞きたいのですが、サコッシュはどこかに置いてありますか?
是非とも実物が見てみたいです。
Commented by mountainneberland at 2013-12-28 10:55
326さん
コメントありがとうございます。雁坂峠腰ラッセル!きっと雁峠もそれに近かったはずですね、あのまま進まなくて良かったです(笑
小屋も埋もれるなんて驚きです!

サコッシュですが馬喰町にあるHike+Likeさんに置かせてもらってますが、売り切れの状態です。次の納品は2月以降になってしまうと思います。申し訳ありません、、
FB等で納品の際は告知していますので良かったら覗いてみて下さい。
今後もどうぞよろしくお願いします!
Hike+Like:http://hikelike.com/
FB:https://www.facebook.com/pages/%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%88%E3%83%AB/440727836020615


グッズデザイナーの山日記atelierbluebottle.com


by mountainneberland

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

オンラインショップ

カテゴリ

全体
ハイキング
道具
商品
その他

未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月

最新の記事

カメラショルダーについて そ..
at 2018-09-03 15:18
カメラショルダーについて ①..
at 2018-09-03 14:13
屋久島その③
at 2018-08-17 18:29
屋久島その②
at 2018-08-12 10:18
屋久島その①
at 2018-08-11 08:59

外部リンク

記事ランキング

お気に入りブログ

最新のコメント

ご返信ありがとうございま..
by tree at 11:27
> treeさん 返信..
by mountainneberland at 10:40
↑ PERTEX EQ..
by tree at 11:49
こん**は Hik..
by tree at 17:13
コメントありがとうござい..
by mountainneberland at 15:11
2014年?2015年?..
by from the Netherlands at 07:43
返信遅くなりましてすみま..
by mountainneberland at 10:49
ネット販売はしてないので..
by monte at 07:55
サイズL(日本 XL)の..
by yo at 17:52
オフグリでお邪魔させて頂..
by mt_kawamin at 07:04

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

登山
カメラ

画像一覧