雁峠Ⅱその2

雁峠その2

夕飯後する事も無いので、しばらくテント越しに話してましたが気づいたら寝てました。
樹林帯で風もなく安心してましたがやっぱり何か起きるもんですね。
f0251840_14503115.jpg




7時過ぎに早々と寝てしまいましたが、毎度の様に直ぐ起きてしまいます。
23時くらいかなぁ~なんて時計を見たらまだ8時。
そして次は23時。やんさんも起きている様なのでお湯を沸かしてお茶でも飲みます。
が、ガスの調子が悪い、、温度計を見ると-13℃。
-10℃の時は普通に使えたのですが微妙な差が影響するんですね。
厳冬期にはやっぱりJETBOILなんでしょうか?

ヤンさんからお湯を分けてもらい温まったところでもう一眠り。
今回はニーモ・オーラーショートに足元は背面パットで寝ましたが寒さは問題無かったです。
暫らくすると「サーサー」幕を何かが滑り落ちる音で目が覚めます。
周りを確認すると雪だらけ!幕に積もった雪が下に溜り、内側に入り込んで来たのです。
天気予報は晴れだったし、12時の時点では満点の星空だったので少々驚きました。
大抵のものが雪に埋まってましたがBiviに入っているので取りあえず気にせず寝たのですが、
こんな感じだった様です(写真ヤンさん)
f0251840_15143444.jpg

f0251840_1533117.jpg

6時に起床し雪に埋もれたモノたちをかき出します。土間も全部埋まってしまいました。
-15℃。やはりバーナーの調子がイマイチ。
朝食を簡単に済ませ、雁峠を目指します。
(ヤンさんは靴が凍って10分ぐらいかかってようやく履けたそうです)

荷物は置いたままで身軽です。沈み方も違うのでサクサク進めます。
しかし、足先が冷たい・・・
ピンクリボンが無くなり地図で確認。記憶は曖昧ですからね!
f0251840_15314751.jpg

f0251840_15321120.jpg

やっと峠が見えて来ました!天気は快晴!テンション上がります!
f0251840_15362835.jpg

f0251840_1537393.jpg

あと一息。
この辺になると雪がしまって歩き易い。
f0251840_15385027.jpg

頂上ではなく峠なんですが、満足感で一杯です。
この感覚は久しぶりな気がします。
f0251840_15421032.jpg
f0251840_15422664.jpg

f0251840_15481919.jpg

笠取山
f0251840_15431954.jpg

二日間でトータル7時間。昨年5月に来た時は2時間30分で来れた場所に7時間(笑)

笠取山まで行こうか少々考えましたが、もう十分満足だし風が冷たく足先の感覚がない、、
温まって痛くないのか寒さで感覚が無いのか、、温まる要素は無いのでコレはマズイ!
とっと下りる事にします。
(数日経ってもヤンさんの指先の感覚がおかしいそうです。軽い凍傷ですね、、笠取山まで行っていたらどうなってたのかを考えると恐ろしい。無理は禁物ですね!あ、僕は大丈夫です)

下山は走ったり、いい年した大人の男が大はしゃぎ。
転んだり(笑)
f0251840_1612082.jpg

下りは早い!1時間かかった道を20分で駆け下りました。
突風が吹くと木に積もった雪が舞って吹雪の様に。
5M先も見えなくなり下を向いてやり過ごします。
f0251840_1672495.jpg

撤収準備を済まして9:30下山開始です。
自分たちのトレースが有るから楽勝だろと思っていたら昨晩の雪でほぼ埋まってました、、
それでも下山はハイペース。川渡りポイントも探さなくていいからね!
f0251840_16134778.jpg

f0251840_1614272.jpg

前日もそうでしたが、やたら鹿に出会います。2~3頭の群れから20頭くらいの大きい群れまで!
計50頭位見た気がします。これだけ雪が深いせいでしょうか?頭皮を食べられ痛々しい木も多かったです。
f0251840_16174335.jpg

下山はあっと言う間です!2時間半で下りてしまいました。
f0251840_16192141.jpg

f0251840_16194127.jpg

久しぶりのアスファルトは実に歩き易い。
f0251840_16195559.jpg

f0251840_1620369.jpg

12:00駐車場到着。昨晩の雪でどうなっているか心配でしたが、下は全く積もった形跡がありませんでした。
下山後は昨年と同じ笛吹きの湯へ平日と言う事もあり貸切状態だし、雪がちらつく雪見風呂で最高です。昼食は観光地特有の失敗感を味わいたくないので談合坂SAで食べる事にします。
山梨と言えば「ホウトウ」ですね。僕はそんなに好きではないのですがヤンさんが熱く
上手い「ホウトウ」について語ってくれました!(その次は宇都宮餃子)
ヤンさんには申し訳ないですが、山梨名物「ホウトウ」は1mmも食べたくならず、
昨晩聞いた「めがねびいき」の影響でどうしてもカツカレーが食べたくて食べたくて。
しかもラーメンも!普段はこんな事無いんですけどね(笑)
f0251840_1644444.jpg

平日の空いた中央道を通り16時荻窪着。
帰宅ラッシュにヤンさんを乗せるのは申し訳ないので良かったです。

多分今シーズンラストであろう雪山。
20年に一度の大雪だからこんなスノーハイクが出来るのは20年後ですかね。
by mountainneberland | 2014-03-15 21:29 | ハイキング | Comments(2)
Commented by まさ at 2014-03-18 23:25 x
お疲れ様でした!
それにしても長いスノーハイクでしたね~、自分も去年同じルートを無雪期に歩いてますが、やはり2時間ちょっとでハイクアップ出来たので雪の深さと、歩行の困難さを改めて感じました。。。大雪の影響は甘く見たら痛い目にあいますね(^^;

それでも青空と雪のコントラストはとても美しい!
今年はまともに雪山で寝れてないので、そろそろ行きたいですね~。
そしてMoment・・・やっぱりカッコいいw
Commented by mountainneberland at 2014-03-20 09:22
マサさん
僕もトレースが無い場所をこんなに長く歩いたのは初なので
いい経験が出来ました。
歩き易い道でコレですからね(笑)
この間話しましたtarptentオーダーページ
添付しておきますね。以前よりオプションが増えてました!http://www.tarptent.com/cgi-bin/surfshop1/shop.cgi


グッズデザイナーの山日記atelierbluebottle.com


by mountainneberland

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

オンラインショップ

カテゴリ

全体
ハイキング
道具
商品
その他

未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月

最新の記事

カメラショルダーについて そ..
at 2018-09-03 15:18
カメラショルダーについて ①..
at 2018-09-03 14:13
屋久島その③
at 2018-08-17 18:29
屋久島その②
at 2018-08-12 10:18
屋久島その①
at 2018-08-11 08:59

外部リンク

記事ランキング

お気に入りブログ

最新のコメント

ご返信ありがとうございま..
by tree at 11:27
> treeさん 返信..
by mountainneberland at 10:40
↑ PERTEX EQ..
by tree at 11:49
こん**は Hik..
by tree at 17:13
コメントありがとうござい..
by mountainneberland at 15:11
2014年?2015年?..
by from the Netherlands at 07:43
返信遅くなりましてすみま..
by mountainneberland at 10:49
ネット販売はしてないので..
by monte at 07:55
サイズL(日本 XL)の..
by yo at 17:52
オフグリでお邪魔させて頂..
by mt_kawamin at 07:04

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

登山
カメラ

画像一覧