小金沢山連嶺その1

5月24~25日で小金沢山連嶺をのんびりスル―ハイクして来ました。
今回はいつもと違う目的、いつもと違う友人、いつもと少し違う山歩きです。

f0251840_17123110.jpg




今回の目的は新作pac-sのテストハイクを兼ねた山歩き。
テストハイクは何度もしたけど今回は人気ブログunlimitedのマサさんと一緒です。
僕の主観でpac-sのコンセプトを説明するには限界があるので今回はマサさんにモニターになって頂きました。
これまで何度か二人の関係を説明させてもらいましたが、昨年偶然にもテントを隣りに張った事で知り合い、その後も飲みに行ったりと仲良くさせてもらっています。
まぁとにかくギア好き山好きなマサさんと一緒に登って楽しんでついでにギアテスト!と言う企画です。

事前の打ち合わせでは、ゆるーく歩けて二人が行った事のない場所。
そんな理由で大菩薩嶺をメインにした小金沢山連嶺に決定!
ルートもたくさんあり悩むとこです。このルートの多さもこの山域の良いとこかな。
今回は二人とも車での現地集合なのでスタートとゴールに車を配置する贅沢ハイク。
①②③をポイントに考え米背負い→湯ノ沢→大菩薩に抜ける「景色が良く満足感を得られる」
そんな大人のワガママコースです。
f0251840_1740238.jpg

7時に上日川峠で待ち合わせ。
僕の車をゴールの上日川峠に置いてマサさんの車で天目山温泉へ向かいます。
だって汗だくの汚い服でマサさんの新車を汚す訳には行かせんからね!
準備を済ませて8時スタート!う~んいいなぁ~ハスラー。
f0251840_16463765.jpg

暫らくは車道歩き。そして林道へ。
f0251840_1758149.jpg

このルートは危険な箇所は有りません!が、、恐怖の場所が一か所だけ!!!
f0251840_17594631.jpg

これ一人だとかなり難易度が高いです、、
真っ暗で先が見えません(怖)
一人じゃなくて本当に良かったです。
マサさんはヘッデン◎
僕はiphoneのライト△
天井から水滴が垂れてくるし恐ろしいルートでした。
f0251840_183137.jpg

トンネルを抜けるとそこは・・・
南アルプスド~ンです!
f0251840_1851058.jpg

一時間近く林道を歩いてようやく登山口。
f0251840_188174.jpg

新緑サイコ~!前回のハイクは腰まで埋まる雪地獄でしたから天国の様です。
f0251840_1894578.jpg

何度か川を渡ったり、道も歩き易くて気持ちいい
f0251840_95416.jpg

f0251840_955776.jpg

登山道は歩き易いですが、山歩きは2ヶ月振りなので少々キツイです。
マサさんは早い!平地と同じ様に歩いてます!!!
一時間程で米背負峠に到着。
f0251840_9163861.jpg

ここからは稜線歩き。
突然開けた場所に出たので二人して「お~~!」テンション上がります。
f0251840_9224877.jpg

このルート細かいアップダウンが多く直登が結構キツイです。
f0251840_9304433.jpg

f0251840_9314480.jpg

南アルプスも良く見えます。
f0251840_1095219.jpg

実は今回カメラを新しくしたんです、GXRがディスコンになり丁度良い機会ですの買い替えることに。
フルサイズの6Dが欲しかったけど重さがどうしても、、
EM-1と迷って最終的にpen-ep5にしました。性能面で迷ったんですが所詮素人の僕ですから
操作性と手に持った感じが決め手になりました。僕はMFレンズを使う事が多いのですがVFの性能が凄いのでGXRの時に比べてピント合わせが格段に良くなりました。
山で初使用なので楽しくて仕方ありません。そしてレンズは「samyang7.5」コレすごいんです!
激安で性能はツァイス以上って海外では書かれてるし、penのセンサーは35mm換算で2倍なので広角で撮るのが悩ましいんですがこれはフィッシュアイで180度撮れて山にサイコ―のレンズなんです。
この感動をもっと細かく伝えたいのですが長くなるので自粛します。
ただ一つだけ問題が、、トータル800グラム近くなる重さです。
いつもCapture Camera Clipでショルダーに付けていたのですがpacーsだと装着位置が微妙で
チェストストラップと干渉して擦れて痛い。不愉快なんです。
最初は我慢してましたがストレスの限界で外す事にしました。
自作の体にフィットするストラップに変えていたので歩く時にブラブラせず楽になったんですが、
今度はサコッシュと干渉して、、
まぁコレは許容範囲内ですが別の方法考えないと、、

こんな小さな事でストレスを感じている所をマサさんに見せる訳には行かないので何食わぬ顔で行動してました(笑)
米背負からハマイバ丸へ向かいます。
振り返ると富士山がど~ん!
f0251840_1191162.jpg

秀麗富嶽十二景 ハマイバ丸
f0251840_11102247.jpg

景色の良いトレイルが続きます。
f0251840_11154658.jpg

大蔵高丸のピークも最高の景色。
f0251840_1124931.jpg

ここで休憩していたご夫婦にマサさんが捕まり色々話しかけられてました!
人の地図でルート確認するおばさん、、僕は面倒なので絡まれないよに写真を撮る!
マサさんごめんなさい(笑)
鍋をひっくり返して不穏な空気が漂う二人組。それを突っ込むおばさん!それを叱る旦那さん・・・
賑やかなピークを後に僕たちは湯ノ沢峠を目指して下ります。

鹿用の柵。なかなか立派でした。
まさかリクシル?諸事情で最近そんとこばかり気になります、、
f0251840_1126230.jpg

f0251840_11271477.jpg

f0251840_11274097.jpg

保護ロープが観光地っぽくて嫌ですが仕方ない。景色は最高だし!
f0251840_11291333.jpg

ウサギが鹿用ネットに引っかかり死んでました。
さっきおじさんに教えてもらっていたので心理的には大丈夫。
子供のころウサギを飼っていたので、、、
f0251840_1138669.jpg

12:30湯ノ沢峠。ここまで車で来れるんです。
f0251840_11391621.jpg

f0251840_1139237.jpg

避難小屋、中はまぁまぁ綺麗です。
マサさんの提案でここでお昼にします。天気がいいから外でもいいかなと思ってましたが日差しが強く小屋にして正解です◎
f0251840_11412566.jpg

二人とも火器は使わずおにぎりです。
のんびりハイクですからコーヒー入れて今後の予定を相談します。
時間的には賽の河原までに良い所があればビバークと言う感じです。
小屋から少し下って水場へGO
この先も水場はあるのですが確実ではないので2ℓ補給。予備に500mlと酒で、、、結構重いです。
f0251840_1148682.jpg

ここから黒岳まで約350mの登り。二日間でここが最大の難所でした、、
登り自体はそんなに辛い物ではないのですが、萱が刈り込まれて微妙な長さのそいつらが斜面を上がる我々に向かって生えているのです、、慎重に登りますが踏みつけるとグニャグニャ動くし油断をすると足に刺さる。
結果数か所やられてしまいました(怒)
生足の欠点ですね。
そんな萱地獄を抜けると・・・またしても最高の景色です。
f0251840_1203966.jpg

f0251840_121101.jpg

f0251840_13552235.jpg

f0251840_13555150.jpg

今回のルートで面白かったのがピークを越えるたびにガラッと山の雰囲気が変わるんです!
別のエリアに入った感じと言いますか、とにかく飽きず歩くことができました。
秩父的なエリア。
f0251840_14152199.jpg

八ヶ岳なエリア
f0251840_1417077.jpg

f0251840_1422456.jpg

黒岳 展望は有りません。
f0251840_14235991.jpg

お揃いのザックでサコッシュもお揃い(笑)
f0251840_14273038.jpg

黒岳から一時間弱で開けた場所に出ます。
う~ん。。。しばらく悩んでここに決めました。ここならルート上だしダメージも最小限に済みそうですし。
f0251840_1439151.jpg

momentとmetaがいい感じです!
f0251840_14413063.jpg

f0251840_18531240.jpg

設営を済ませたら早速乾杯!
f0251840_14421047.jpg

f0251840_15828.jpg

ULツマミを頂きました。
f0251840_1574235.jpg

マサさんがたんまりワインを持って来てくれたので今までのハイクで最高に飲んだかも。
日が暮れるまでの楽しい時間をのんびり過ごします。
酔っぱらって気づかなかったけどブヨに何か所も刺されて下山後はその痒さに悩まされました、、、
夕飯は辛ラーメンに酢橘を絞るアレンジ!コレ初めてやりましたがアリです!元ネタは「つじ田」ですけど。
f0251840_1529665.jpg

夕食後もテント越しに話す中学生の様な楽しい時間。
寝たのは確か9時頃かな、山でこんな時間まで起きてたのも初めてです。
終電を気にせず話が出来るのはいいね~!なんて話してましたが21時じゃ全然電車有りますね(笑)
f0251840_15362730.jpg

その2に続く
by mountainneberland | 2014-05-27 18:34 | ハイキング | Comments(0)


グッズデザイナーの山日記atelierbluebottle.com


by mountainneberland

プロフィールを見る
画像一覧

オンラインショップ

カテゴリ

全体
ハイキング
道具
商品
その他

未分類

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月

最新の記事

Hiker's T-shir..
at 2018-05-17 22:03
白駒池 その②
at 2018-05-08 18:04
冬の白駒池 その①
at 2018-05-02 21:26
フィルム登山部で金峰山
at 2018-04-26 09:42
Hiker's JACKE(..
at 2018-03-21 19:50

外部リンク

記事ランキング

お気に入りブログ

最新のコメント

ご返信ありがとうございま..
by tree at 11:27
> treeさん 返信..
by mountainneberland at 10:40
↑ PERTEX EQ..
by tree at 11:49
こん**は Hik..
by tree at 17:13
コメントありがとうござい..
by mountainneberland at 15:11
2014年?2015年?..
by from the Netherlands at 07:43
返信遅くなりましてすみま..
by mountainneberland at 10:49
ネット販売はしてないので..
by monte at 07:55
サイズL(日本 XL)の..
by yo at 17:52
オフグリでお邪魔させて頂..
by mt_kawamin at 07:04

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

登山
カメラ

画像一覧