天狗岳

スノーハイキングinテング岳
厳冬期最後?の雪山へ。
f0251840_09381897.jpg




【コース】
唐沢鉱泉→西天狗→東天狗→黒百合平→唐沢鉱泉


木曽駒・武尊山・谷川岳・日光白根・尾瀬etc
数ある候補の中から我々の条件を満たした唯一の山
-天狗岳-
大げさに言いましたが樹林帯歩き・稜線歩き・安全安心・天気
条件が揃ったのが八ヶ岳の天狗岳。
タカさんに4時過ぎに家まで来てもらい出発!
八ヶ岳SAで朝焼けを見つつ登山口の唐沢鉱泉を目指します。
林道に入ると凍結箇所もちらほらと。
スタッドレスでストレスレスよとずんずん進んでいたら
目の前に緩い坂。気にせず進むと
きゅるきゅるきゅる~
タイヤが空回りして進みません。
それどころかブレキー掛けても下がります(汗

カングーにはここが限界な様です。
仕方なくここで準備をする事に
外に出ると瞬間的に手が痛い
わずかな間放置したサンドイッチが冷たく痛い、
お腹が痛くなりそう、、
気温-11°

寒いのでもぞもぞと車内で準備。
8時出発!

車が滑った箇所を確認するとスケートリンク。

予想では林道歩きは10分程度。
が!10分ほど歩いて出てきた看板には後1kmの文字!!
単調な林道歩き、途中見つけたつららで気分転換。
f0251840_10140176.jpg
ツララを見ると折りたい衝動に駆られてしまう。
大丈夫だろうか?心理学的に問題ありそう。
でも安心して下さい。折ってませんよ。

結局30分、約2,5km歩かされました、、
同じ境遇の方達とここで愚痴を言い合い心を落ち着かせます。
結局凍結箇所は初めの一か所だけでした。

唐沢鉱泉からは山道歩き。
そうそうコレコレ。
f0251840_10211927.jpg
寒いのでダウンを着たまま登るけどそれでも少し寒いくらい。
タカさんもアークのインサレーションをシェルの下に着ています。
f0251840_10254383.jpg
スニッカーズもアイスに変わって楽しませてくれます。
f0251840_10275663.jpg
同じコースを10年前に奥さんと歩いたことがありますが
夏だったことや10年も前なので初めて歩く山の様。

樹林歩きに飽きた頃展望台へ到着。
f0251840_10334065.jpg
f0251840_10282643.jpg

やや春霞み?
f0251840_10362243.jpg
暫らく進むと目の前に西天狗の姿。
僕はここから眺めた西天狗の姿に心を動かされました。
冬は渋の湯から黒百合ヒュッテ経由でピストンされる方が多いと思いますが
是非こちら側から西天狗を見てもらいたいです。
f0251840_10375315.jpg
森林限界を超えると。
岩と雪と氷の世界。

残念ながらminolta cleのフィルムの巻きつけが上手く出来て無かった様で
この後の東天狗までの写真がダメになってしまいました、、

タカさんの写真で傾斜を分かってもらえますかね?
f0251840_10581510.jpeg
ピッケルではなくストックで登ります。
滑落危険個所も少ないし使い慣れたストックの方で。
今回のルートで危険を感じる場所は僕の範囲では有りませんでした。
8割の方はピッケル、タカさんもストック。
(時期や年によって変わるのでこの情報はあてにしないでくださいね)
f0251840_10595446.jpeg
最後の稜線が感動的なのですが写真では伝わらないので実際に行ってみて下さい。
f0251840_11033576.jpg
タカさんと興奮を分かち合いながら頂上へ。
f0251840_11062697.jpg
f0251840_11064025.jpg
頂上には数人のハイカー
そして続々とこちらへ上がってくるハイカーたちの姿。

いかん!
このままでは写真が人だらけになってしまう!!
慌てて写真を撮りまくります。
必至の姿↓
f0251840_10590109.jpeg
2台のカメラを交互に使いオーバミトンを付けたり外したり。
一人忙しく動き、勝手に疲れます。
西天狗の標高は2,600M程度ですがmakina67の操作が非常に大変です。
鉄の塊なのでまるで氷を持っている様な冷たさ。
もちろん露出計はフリーズ。

重さ1.4kg、蛇腹を出して絞りとシャッター速度
場合によってはピントも。
そんな作業はグローブ付けては出来ないし、、
精神的な疲労も。
つまりは操作にとてもイラつくのです笑
それでもこの素晴らしい景色はこのカメラで撮りたくなる。
cleだってライカにも負けない良いカメラだと思う。
でもここぞという場面はmakina67

あの人は本当にコイツを8,000M級の山で使いこなしたのか疑問が生じます。
なんて人のあら捜しで頭を使っているとタカさんが記念写真を撮ろうと言ってきます。
人が忙しくしてるのに、まったく自己中な発言ですね!?
自己中?
間違ってますね、、僕が夢中に写真を撮りまくり
他のハイカーと談笑するタカさんを無視し
さらに写真を撮っていたのですから。
ごめんよタカさん。

そうそう。写真で思い出したのですが
10年前にこの場所でラーメンを完成した瞬間に
僕が全てをぶちまけたんです笑
もちろん優しい彼女は怒りませんでしたけど。
いや本当に。
f0251840_14531779.jpeg
何やらこの時写真を撮ってあげた方がインスタのフォロワーだったそうで
後々楽しそうに話をされてました。
しまった、、
僕も話しに加わり仲良くなっておけば良かったと少し後悔。
しかし、いざ現場になると写真欲が勝ってしまうんですよね。

不思議な事に頂上は無風に近い
東天狗に向けており始めるとまた強風。

f0251840_11360424.jpg
東天狗には行かず巻道と言う選択もありますが
10分程度登れば行ける場所をここまで来て巻くなんて。
タカさんはいつでも巻かない人。
f0251840_11362066.jpg
やっぱり登った方が良い景色。
f0251840_09381897.jpg
東天狗から下りる時にはバランスを崩すほどの強風も。
バラクラバに隠れない眉間が痛い。
アイスを食べた時の痛さに似た痛み。

そして指がちぎれそうな痛みに耐えて
フィルム交換も一苦労。


あ、テストで履いてきたハイカーズソックスロングは
足先冷え性の僕でも問題無い保温性でした
靴はスポルティバのクロスオーバー
温かい靴では無いから良いテストになったかな。
冬はfitsやpoint6を履く事が多く保温性は問題無くても
下りに不満が有りました。
やはり下りには足袋型。
心配だった保温性も問題無さそうなので
更に改良を加えて今年の秋山シーズンまでには販売します!



ゴツゴツとした岩の間に雪が詰まっているので、
黒百合平への下りは冬の方が楽ですね。
踏み抜かないかビクビク。
振り返ると天狗にガスが。
予報通り午後からは下り坂。
f0251840_14514278.jpg

空腹と疲労が限界のころに黒百合ヒュッテに到着。
f0251840_12515846.jpg
以前pac-03を購入してくれた方がこちらで働いているとの事でしたが
見当たらず残念。

以前訪れた時に食べ損ねたビーフシチューをオーダー
椅子に座ったとたんどっと疲れが押し寄せます。
このまま寝かせて欲しい、、

ビーフシチュ~
う~ん
良く煮込まれた柔らかお肉とごろっと野菜に舌鼓。
この感動を分かち合うべく
タカさんにも貴重なお肉をお裾分け。

タカさんはお蕎麦。
美味しそうだけど僕にはお裾分けしてくれませんでした!

ストーブとシチューで体も温まり回復。
f0251840_12565448.jpg
ここからは風もなく穏やかな樹林帯歩き。
f0251840_13032759.jpg
かっちかちの沢を歩いて下ります。
f0251840_13035601.jpg
雪は少ないけど氷は厚い。
f0251840_13040169.jpg
f0251840_13045149.jpg
緩やかな道をのんびり下山。
あの林道歩きを思い出すまではね。

f0251840_14363650.jpg
【おまけ】
pac-03に簡易的な方法でアックスを止める事ができます。
付属のバンジーコードどコードロックを使い
水抜き穴からコードを出してコードロックで止めます。
サイドのループにも同じように付ければ簡易アックスループの完成。
フロントポケットに収納することも可能。

アックスカバーは革で自作。
オールデンで有名なホーウィンのシェルコードバンで作ってみました。
最高級アックスカバー笑
(これは非売品です)




by mountainneberland | 2016-03-08 00:00 | ハイキング | Comments(2)
Commented by 黒百合ヒュッテスタッフ at 2016-03-09 13:20 x
以前pac-3を購入した黒百合ヒュッテスタッフです。(^o^)

実はあの時小屋にいたのですが、忙しくてお会いできませんでした‥(会いたかったー!)笑

パックパックの調子は素晴らしくいいです!

またゆっくりお話しさせてくださいね(^.^)
Commented by mountainneberland at 2016-03-10 09:22
s.kさんですね!名刺頂いていたので。
そうでしたか、、残念です。
夏ごろまた行こうかと考えてますのでその時はぜひ。
ザック気に入って頂けて嬉しいです!


グッズデザイナーの山日記atelierbluebottle.com


by mountainneberland

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

オンラインショップ

カテゴリ

全体
ハイキング
道具
商品
その他

未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月

最新の記事

カメラショルダーについて そ..
at 2018-09-03 15:18
カメラショルダーについて ①..
at 2018-09-03 14:13
屋久島その③
at 2018-08-17 18:29
屋久島その②
at 2018-08-12 10:18
屋久島その①
at 2018-08-11 08:59

外部リンク

記事ランキング

お気に入りブログ

最新のコメント

ご返信ありがとうございま..
by tree at 11:27
> treeさん 返信..
by mountainneberland at 10:40
↑ PERTEX EQ..
by tree at 11:49
こん**は Hik..
by tree at 17:13
コメントありがとうござい..
by mountainneberland at 15:11
2014年?2015年?..
by from the Netherlands at 07:43
返信遅くなりましてすみま..
by mountainneberland at 10:49
ネット販売はしてないので..
by monte at 07:55
サイズL(日本 XL)の..
by yo at 17:52
オフグリでお邪魔させて頂..
by mt_kawamin at 07:04

最新のトラックバック

venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

登山
カメラ

画像一覧